『ヒバクシャのこえ』講演会

1945年8月6日のあさ えいこちゃんはヒバクしました。

この衝撃的なタイトルに、思わず心が動きました。

今から73年前、ひとりの女の子が原子爆弾にヒバクした。
当時6歳のその少女は「黒い雨」を浴び、その後、放射能障害を発症したのです。

今だから聞いてほしい、ヒバクシャのこえ

73年前、日本は見るも無残な姿をしていました。
しかし、その姿は現代の人にとっては想像もつかないことでしょう。

当時6歳だった少女は、今も尚「語り部」として活動を続け、
『家族を戦争で失ったこと』『原爆の事実』を世界中に語り継いでいます。

年月が経ち、「戦争の経験者」の声を聞く機会が年々減少しています。
あと数十年もしたら、きっと「戦争の経験者」の声を聞く事はできなくなるでしょう。

だからこそ、今、あなたに、ヒバクシャのこえを聞いてほしいのです。

参加費はドネーション(寄付金)で

講演会の日時です

  • 日 程:2018年4月29日(日)
  • 時 間:受付 13:00〜/開演 13:30〜
  • 場 所:伊勢崎市曲輪町 28-24 赤石楽舎
  • 語り部:小野 瑛子 さん
  • 問合せ:0270-24-7404(こどもサポート)
  • 参加費:ドネーション(寄付金)にてお願いします

事前のご予約等は必要ありません。
当日、会場までお越しくださいませ。

 

関連記事

  1. パンとコーヒーの日

  2. 第3回『伊勢崎〇〇塾』 経過発表会「こんなこと始めちゃいました〜!」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。